弁護士にかかる費用


万札弁護士にかかる費用は1つではありません。相談内容やどこまで依頼をするかによって発生する費用も変わります。まず発生するのは法律相談料です。問題の解決を弁護士に依頼する場合、まずは弁護士に現在の状況を詳しく説明する必要があります。弁護士は相談者の話を聞き、法律に基いたアドバイスをします。状況によっては弁護士が動けないケースもあります。

金額正式に弁護士に依頼をすると着手金が発生します。これは弁護士が実際に動き始める初期費用です。ある程度まとまった金額を支払う事が一般的です。また、この着手金は予定より短期間で解決した場合でも原則返金はされません。弁護士に依頼する場合、法律相談料と着手金は手元に用意しておく必要があります。

裁判の手続きなどで弁護士が遠方に出向く場合、日当と呼ばれる金額が発生する場合もあります。予め遠出が分かっている場合は着手金と合わせて払っておく事もあります。

弁護士の力添えで無事に問題が解決すると、今度は報酬金が発生します。これはどれだけ成功したかによって金額が変わる事が多いです。裁判の勝訴金の何パーセントと予め決めておく事もあります。離婚や遺産相続を弁護士に依頼した場合は相続金の一部を報奨金にあてる場合もあります。金額は当然、相談内容によって変わります。また費用の基準も事務所によって様々です。最後に弁護士費用を抑える方法について説明します。