弁護士費用を抑える


相談弁護士費用は高額です。経済的に余程の余裕があるなら別ですが、一般家庭では気軽に払える金額でない事は確かです。しかし工夫すれば弁護士費用を抑える事もできます。

法律相談収入が一定以下の場合、「民事法律扶助」を利用すれば弁護士費用を抑える事ができますし、金額も分割で払える場合があります。毎月の支払金額も月々1万程度と低額から可能です。またこの制度を利用する場合、法律相談なら無料で受けられる場合もあります。例えば離婚問題は私達に取って起こりうる事柄ですが、そう多く起こる事ではありません。多くの人にとっては初めてである場合が多く、まず何をするべきかも分からない事もあります。そんな時に無料で法律相談ができれば、右も左も分からない状態からは脱却できます。

収入に関係なく、法律相談が無料でできる場合もあります。市など行政が主催している相談会もありますし、弁護士事務所が独自で主催している場合もあります。これは民事法律扶助とは違うため収入の制限はありません。しかし相談内容が限られている場合がある事と、30分など時間が制限されている場合があります。予約制のケースもありますから、事前によく確認が必要です。時間制限がある場合は予め聞きたい事や状況を紙にまとめておくなどして、貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。