離婚弁護士へ相談する


縁があって結婚した二人も、何らかの理由で離婚を決意するケースはあります。お互いの話し合いでスムーズに離婚が進めば問題ありませんが、相手が離婚に応じない場合もありますし、逆にこちらが一方的に離婚を要求される場合もあります。財産分与や子供の親権で意見が食い違う事もあります。

お金お互いの話し合いでどうしても解決できない場合は裁判を起こす事になりますが、慣れない人にとっては一つ一つの手続きが大仕事です。そんな時に頼りになるのが弁護士です。依頼時の契約内容にもよりますが、裁判所での手続きや調停なども代わりに行ってくれる場合もあります。

費用しかし弁護士へ依頼する時に気になるのは費用ではないでしょうか。弁護士への依頼料は、保険適用で医者にかかる時のような金額の基準は特にありません。目安の金額はありますが、あくまでも複数の弁護士が掲げている相場金額に過ぎません。目安よりも安く依頼を受ける弁護士もいますし、その逆もあります

金額はそれぞれですが、どのような仕組みで費用が発生しているかは多くが共通しています。まずはどのタイミングでどういう金額が発生するのかを知る事で、実際に依頼をする際の心構えができます。また高額になりがちな弁護士費用ですが、工夫をすれば費用を抑える事も可能です。弁護士への離婚相談は慣れない事ですから、それだけでも心に大きな負担です。費用の心配を少しでも小さくする事で、心の負担も幾らか軽減されるでしょう。次のページでは弁護士にかかる費用の内訳費用を抑える方法について説明します。